平成31年(令和元年)度
青森県弁護士会 会長
山内賢二

【会長挨拶】


 2019年度青森県弁護士会会長に就任いたしました山内賢二です。
 私は,弘前市に法律事務所を構えておりますが,今年度は,青森市の竹中孝弁護士,同じく伊藤史行弁護士,八戸市の橋本薫弁護士の副会長3名とともに執行部を構成し,当会の会務を担ってまいりますので,よろしくお願い申し上げます。
 さて,当会は,この十数年の間に会員が3倍近く増加し,2019年4月1日時点において113名の会員が登録しています。全国的に見ますと,まだまだ小規模な弁護士会ではありますが,東北においては,仙台弁護士会,福島県弁護士会に次ぐ会員数となっています。
 その多くの会員の尽力により,昨年には,八戸市での東北弁護士会連合会定期弁護士大会と青森市での当会初となる第61回日本弁護士連合会人権擁護大会の2つの大きな行事を無事開催することができました。
 この場をお借りしまして,岩谷直子前会長はじめ,両大会開催に尽力された会員各位に内々でありますが敬意を表しますとともに,ご協力,ご支援いただきました関係各位の皆さまに,あらためて御礼を申し上げます。
 平成最後,令和最初の会長として,先輩方がこれまで当会のために尽力され,築き上げていただいたことをしっかりと継承しつつ,昨年の貴重な経験をしっかりと活かして,当会のさらなる飛躍,発展のため,5年後,10年後を見据えて会務のあり様をしっかりと検討して参ります。
 さらに,会員各位が弁護士としての自負,自信をもって日々の業務にあたることができるよう,市民の皆様に身近な弁護士会であり続けるとともに,格式のある弁護士会づくりを目標に会務を統理し,尽力する所存です。
 今後とも皆様方のご理解,ご協力,そして,ご指導,ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

 

2019年(平成31年)4月
青森県弁護士会会長 山内賢二