【会長挨拶】


 平成30年4月1日付で,青森県弁護士会の会長に就任いたしました。当会の会長の任期は1年間となっていますので,2回目の会長就任となります。どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

 青森県弁護士会は,青森県内に法律事務所を開設している弁護士全員が加入する団体で,平成30年6月1日現在の会員の数は112名となっています。

 地域別では,青森市(41名),八戸市(32名),弘前市(20名),むつ市(6名),十和田市(7名),五所川原市(3名),三沢市(2名),鰺ヶ沢町(1名)の各市と町に青森県弁護士会の会員が弁護士事務所を開設しています。

 

 青森県弁護士会では,倫理研修,民事事件,刑事事件及び家事事件に関する様々な研修会を開催して,日々発生する法律問題に適切に対応できるよう会員の研鑽に努めております。

 法律問題でお困りの方に早期にご相談していただくため,民事当番弁護士制度,借金整理無料相談等の相談窓口を開設しておりますので,是非ご利用いただきたくご案内申し上げます。

 

 また,青森県弁護士会の会員は,法律相談や裁判等の業務のほかにも,委員会活動を通じて,基本的人権の擁護と社会正義の実現のために活動しています。人権擁護,刑事弁護,高齢者・障がい者,子どもの権利,法教育,憲法等の広い分野で,公益的な活動を活発に行っています。

 行政機関等に向けて,青森県弁護士会の委員会活動を紹介する「行政のお品書き」を送付しております。是非ご覧いただきまして,ご活用いただければと思います。

 

 今年度,青森県弁護士会は,弁護士に関する大きな行事の開催準備を担当する弁護士会となっています。

 7月6日に八戸市で東北弁護士会連合会定期弁護士大会が開催されます。大会の日午前10時からは,成年後見制度の利用促進に関するシンポジウムを開催いたします。

 また,10月4日,5日は,日本弁護士連合会の人権擁護大会が青森市で開催されます。10月4日は人権に関するシンポジウムが青森市内の3会場(リンクモア平安閣,リンクステーションホール,ホテル青森)で開催されます。10月5日は,人権擁護大会がリンクステーションホールで開催されます。日本全国から弁護士が青森市に集結し,日頃の人権擁護活動の成果を披露いたします。

 いずれの行事も席に限りがありますが,一般の方も参加可能となっています。ご興味がある方は,青森県弁護士会事務局までお問合せいただければと思います。

 最後に,平成30年度の青森県弁護士会の副会長をご紹介いたします。

 山内賢二弁護士(弘前市),竹中孝弁護士(青森市),安藤祥吾弁護士(八戸市)が就任しています。昨年4月から支えてくださっている力強い副会長の先生方です。

 3人の副会長や会員の皆さんと協力して,弁護士と弁護士会が皆さまから信頼していただける存在であり続けられるよう事務局職員とともにこの1年間も頑張って参ります。

 皆さま,どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

平成30年6月           
青森県弁護士会会長 岩谷直子